自転車の漫画

自転車の漫画-Recommended Goods-

今Amazonで売れている人気の「 自転車の漫画」 はこの10冊です。

じこまん~自己漫~ 1 (ニチブンコミックス)

大ヒット中の自転車ロードレース漫画『かもめ☆チャンス』の著者・玉井雪雄氏が描く、アラフォーメタボ男の自転車(ロードバイク)を楽しみつくす方法。 本当にあなたの人生を変えちゃうかもしれない一冊。 他の誰でもない「自分」を「満足」させたかったら『じこまん』読むべし読むべし!!

自転車とミシンの狂想曲2 (まんぼう通信局)

「自転車好きが高じてミシンを買いました」
自転車好きの著者が、自分の着たい自転車ウェアが欲しくなりミシンを購入し迷走を始める自費出版コミックエッセイ(同人誌)のkindle版。
第二巻は、素人が工業用ロックミシンを入手しますが、一筋縄ではいかない工業用インターロックミシンに翻弄される状況をお楽しみください。

18ページ モノクロ


2012年コミティア99、X3にて紙媒体初版発行。
2015年電子版発行

発行:まんぼう通信局(http://www.manboutsushinkyoku.com/)

優雅に叱責する自転車

   「火曜日の翌日で水曜日の前日」という、すきまの1日。ケンカしていた2人の前に、変な自転車が現れた。ペダルもチェーンもブレーキもついてない。こげないはずの自転車に乗って2人は外出。カブのまったく見えないカブ畑を通ったり、もともと履いてなかった14足の靴を嵐で失くしたり、ワニに出くわしたりと、いろいろあって家に戻った2人が見たものは…。

   あり得ないことが連なっていって、最後に最もあり得ないことにいたる、ナンセンスな物語絵本。なぜ?と反問させない、断固たる出まかせが教えてくれる、ウソを通してしか伝えられないスピリット。存在することのはかなさや、人生の退屈をいかに深く味わいたのしむかを、ゴーリーが過激にそそのかす。プロローグから第22章の終わりまで、あるのは9つの章だけというのも、いかにもうがっている。欠章は読者が勝手に想像せよと。巻末の解説はよくよく後日まで封印して、「優雅な叱責」のナゾを1人で考え続けることをおすすめする、と言えば、解説をつけてくれている訳者の叱責を買うだろうか。

   空白の多い白黒のペン画。ところどころ、黒々と塗りつぶされた木や、闇に雷の落ちる場面が効果的。姉と弟なのか、兄と妹なのか、2人の乗る、いまにもひしゃげそうな自転車が、画面をゆがめて立体感を出し、時々入る吹き出しも、全体に躍動感をプラスする。宝の小箱のような、大人のための絵本である。(中村えつこ)

過去のユーザー投稿はこちら

コレクト最新投稿-Colleqto Latest Post-

[ GuitarColleqto ] [ HobbyColleqto ] [ 育児これくと ] [ 家電コレクト ] [ CarColleqto ] [ BikeColleqto ] [ ペットコレクト ] [ Men'sColleqto ]

©colleqto.com

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「bicycle.colleqto.com」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。